message

代表メッセージ

代表取締役社長

松本 哲生

成都グループで得られるもの

不動産業界で働いていると、実にいろんな方とお会いします。いろんな年代、いろんなタイプのいろんな職業の方から、いろんなことを教えてもらえますし、いろんな接客を通して、知識が増え、経験値も積める。そうすると、人として、一人の人間としての成長が早くなります。わずか3年も経てば、知らず知らずのうちに自分に実力がついて、大人に成長するのです。いろんな方と出会い、いろんなお話を聞くことで、物事の本質を見極める力がつく。あなたにとってその力は、これからずっと人生を送っていく上で、素晴らしい武器になるものだと思います。

求めるのは、
“素直で継続力のある人材”

私たちは、センスがある人や特別な能力を持つ人を求めていません。大切なことは、とにかく素直で、人の話をしっかり聞く耳を持っているということ。そして、継続する力です。スタートに少し遅れをとってしまっても、この3つの要素がある人は必ず伸びます。継続力を持って、一生懸命人の話を聞いて頑張る人は、遅ればせながら伸びてきますし、伸びてきだしたら止まらない。最初からできる人をいつのまにか追い越してしまうのです。そして最初に出遅れた苦労を知っているので、人の気持ちが分かる人材に育っていく。誰でも絶対に長所と短所があって、良いところが必ず一つはある。私たちはそこを伸ばしてあげたいと考えています。

自身で考え、不動産業界の
未来を切り開く

成都不動産は、単なる賃貸業者、売買、管理業者ではなく、総合的にすべての力がハイレベルで均等にあるように、いわゆる「総合不動産商社」と言っていただけるような会社にしていきたい。これは創業当初からの目標です。そのために私も含めてもっと一人の人間として、社会人として、不動産専門知識も含めて、全員が不動産コンサルタントになれるような総合力をつけて、「物件のクオリティ」「接客のクオリティ」「お店のクオリティ」を高いレベルで日々維持していけたらと思います。そして、お客様が20代や30代の方が多い中、考え方や感じ方が同世代の方でないと分からないこともあります。だからこそ今、若い力が重要です。私たちはどんどん若い方が実績を積んで、自信をつけて、いずれは管理職になって会社を背負っていっていただきたいと考えています。基本的な知識や、考え方は当然最初にこちらから指導しますからね。あとはどんどん意見を出していただいて、幹部から社員まで全員でいい会社にしていきましょう。